カップル成立をしてもまだやってはいけないNG行為をチェック(肉体関係を迫る、急に結婚を持ち出す、スキンシップの順番を間違えるなどなど)

意中の人とカップルになれたら誰だって舞い上がってしまい、事をもっと先に進めたいと考えてしまいがちですよね。
だけど、その焦りがせっかくのチャンスを台無しにしてしまうこともよくあります。

いつも恋愛が長続きしないと悩んでいる人や、次の恋愛では結婚までこぎつけたいと願っている人は、カップル成立後のNG行動を把握しておくことが大切です。

まず、一番のNG行動は肉体関係をすぐに持とうとすることです。

確かに、大好きな人と付き合うことができたら、相手に触れたい抱きしめたいと思うのは普通です。
しかし、相手の恋愛経験が少なかったり、過去の恋愛でなんらかのトラウマを抱えている場合は、付き合って初めてのデートで体を求めてくる相手には警戒心が生まれてしまうことがあります。

そうでなくても、性に過剰に貪欲だったり、積極的すぎると引いてしまう人も多いです。

まだお互いのことを深く知らない付き合いたての時期は、色んな場所でデートを重ねたり、食事をすることで距離を縮めていきましょう。

また肉体関係だけでなく、LINEや電話で毎日連絡を取り合うことも危険です。
お互いに連絡頻度が同じであれば問題はないのですが、どちらか一方に偏りがある場合は徐々にすれ違いが生じてしまうかもしれません。
マメに連絡を取りたがる人は相手からの返信の有無に一喜一憂して、振り回されてしまうことがあります。

反対に、連絡は必要最低限でOKなタイプの人は、コミュニケーションのための何気ないLINEは面倒だと感じてしまうものです。
最初の頃はお互いに相手に合わせようと頑張っていても、数ヶ月もすれば疲れてしまうので、最初から飛ばしすぎないことがポイントです。

もう一つのNG行動は、付き合いたてにも関わらず結婚を迫ったり、まだプロポーズもされていない段階で将来のことを結婚前提で話すことです。

特に周りの親しい友達が結婚している場合、自分も次の人とは結婚までいきたいと焦ってしまいます。
しかし、年齢やタイミングに関係なく、結婚は相手あってのこと。
自分の気持ちを一方的に押し付けると、重いと判断されかねません。

付き合いたての時期は、会話でも結婚や子供といったワードには注意して、あくまであなたと長く付き合っていきたいと思っているといったニュアンスで気持ちを伝えましょう。

恋愛は一気に燃え上がると冷めるのも早いと言います。
盛り上がっている気持ちは一旦胸にしまって、相手からも求めてもらえるように適度な距離を保って関係を深めていくことが大切です。

婚活の同時並行は何人までがおすすめ?上手く並行させる裏技

婚活の際、何人まで同時並行するのがおすすめだと思いますか。
今回は、同時並行のやり取りのコツや何人までがおすすめなのかを見ていきましょう。

理想だけを言えば、ひとりひとりと真剣に向き合うことが一番です。
ただ、婚活は時間との勝負と言われている部分もあるので、無駄な時間を省くために複数人との同時並行でやり取りをするのが一般的と言われています。
ただ、複数の人とやり取りするということは、それだけ自分にかかる負担も大きくなっていくのです。

それだけではなく、複数とやり取りしていることを相手に知られないようにしないといけません。
なぜなら、誰だって自分以外とやり取りをしていると聞かされて良い気分になる人はいないからです。

基本的に何人までということはありませんが、無理のない範囲で言えば3人が限界ではないでしょうか。
メールや電話などのやり取りもあるため、それ以上の人数だと人を間違えてしまう可能性が出てきます。

Aさんとやり取りをしていたのに、Bさんと間違ってしまうと、先述したように不快な気持ちになります。
相手が自分以外ともやり取りしていることが分かってしまうと気分は良くないはずです。

複数とのやり取りは一般的でありながらも、隠れて行うことが要求されるので気をつけましょう。

上手く複数とのやり取りを平行させる裏技として、時間を分けることがおすすめです。
仕事などを理由にして、Aさんの場合は夕方までのやり取り、Bさんの場合は夜のみという分け方です。
時間を分けることによって、今誰とやり取りをしているのかを明確にすることができます。

ただ、相手にも都合があるので必ずしも理想通りに行くとは思わないようにしましょう。

時間で分けるのが難しいなら、曜日で分けるのもおすすめです。
曜日分けすることで、時間を気にせずにやり取りをすることもできます。
おすすめしている裏技はこのふたつですが、自分のやりやすいやり方で行っても構いません。

注意したいのは、複数の人と真剣交際にならないことです。
複数の人とやり取りをすることで、その人を見極めた後は、ひとりに絞るようにしましょう。
いつまでも複数とのやり取りを続けていると、相手にバレる可能性が高まります。
すると、結婚後もそういう人になりそう、と思われてしまいます。

複数とのやり取りは、あくまでも結婚相手を見極めるものとして行ってください。

複数とやり取りするコツは、同じ時間帯などに被らないことでしょう。
上手く同時並行のやり取りを活用して、運命の人を見つけてください。

婚活でいよいよ初めて会う時の初回デートにふさわしい服装

婚活の最中、相手と実際に会う時はどんな服装にすればいいか悩む人もいるでしょう。
正装に近いものを選ぶべきか、カジュアルなものを選ぶべきか困る人も多いはずです。
こちらでは、婚活の初デートの際の服装について見ていきましょう。

結論から言えば、カジュアルなもので問題ありません。

高級料理店に行く場合は、ドレスコードなどがありますが、初デートでそういった場所に行く人は少ないです。
どちらかと言えば、お互いの好みを知るためのデートなので手軽な場所に行くことの方が多いと言われています。
そのため、服装はカジュアルなものでも問題ないでしょう。

ただ、不安であれば初デート前に相手に服装について聞いてみるのもいいかもしれません。

しかし、カジュアルで問題ないと言ってもあまり砕けすぎた服装だと印象を悪くしてしまいます。
年齢相応のカジュアルさを心掛けるようにしてください。

30代から40代の場合は、若々しさだけではなく上品さも取り入れるようにしましょう。
30代や40代の人が20代のような服装をすると、若作りというイメージを持たれかねません。
そのため、服装のジャンルではなく年齢相応の服を身につけることを心掛けてください。

年齢相応の服装ができるのか、というポイントを見極める人もいるようです。
相手に若く見てもらいたいという気持ちは分かりますが、年齢相応の服の方が好印象を与えられます。

初デートの場合、主に女性に見られますがモテファッションなどをする人がいます。
男性も流行の服装などにすることもありますが、婚活の場では意外と逆効果になることが多いのです。

初デートのために気合いを入れることが悪いのではなく、相手の好みと違った場合は、次の約束につなぐことができなくなるのです。
そのため、過剰な気合いを入れるよりは、相手との話題をひとつでも多く考えておく方が有益と言えるでしょう。

ただ、先述したように初デートで行く場所によってはドレスコードが必要な場合もあります。
初デート前に、どこに行くのかなどの話し合いをするとは思うので、服装に関しても探りを入れておきましょう。

もし、どうすればいいか分からない場合は素直に相手に聞いてみることをおすすめします。
分からないことを分からないままにしておくより、素直に聞いた方が相手からの好印象にもつながるからです。

せっかくの初デートなので、後悔しないようにしっかりと服装に関して気をつけるようにしておきましょう。

婚活で盛り上がったのに実際会うと気持ちが冷める理由は何故

婚活中に話が盛り上がっていたのに、実際に会うことで気持ちが冷める人もいます。
なぜ、実際に会うことで気持ちが冷めてしまうのでしょうか。
こちらでは、その原因などについて見ていきましょう。

結婚相談所で知り合った人の場合、最初はメールや電話でやり取りをすることが多いようです。
同じ趣味を持つ人などの場合、話が盛り上がってこの人となら上手くいくかもしれないと考えるでしょう。
しかし、実際に会うことで盛り上がっていた気持ちが一気に冷めてしまうこともあるようです。

その理由として、相手に対して期待しすぎていた部分があるのではないかと思われます。
同じ趣味を持つ人、価値観が同じ人、さまざまな部分で好印象となるポイントがあったはずです。
ですが、好印象となればなるほど相手に求めるハードルが高くなっていくのも事実なのです。

例えば、前評判が良くて期待していた映画を実際に観て思っていたものと違ったという感想を持ったことはありませんか?
簡単に言えば、期待外れだった映画と同じことなのです。
ある意味では、話が盛り上がったからこその弊害と言ってもいいでしょう。

他には、実際に会うことで嫌な部分が見えてしまったという理由もあります。
例えば、清潔感や食べ方などは実際に会わないとわかりません。
趣味が同じだったり、話が合ったりしていても、清潔感がない人、食べ方が汚い人は一気に気持ちが冷めます。

実際に会ったことで、電話やメールで話していた時とは違う性格に感じることもあるようです。
いくら電話やメールで話していても、いきなりタメ口をされるのは気分が良いものではありません。
そういった常識のなさが気持ちが冷める原因にもなっています。

これは、相手にだけ言えることではなく、自分にも当てはまるものだと考えましょう。
自分が大丈夫だと思っていても、失礼な物言いになっていないか、清潔感があるか、食べ方は汚くないかなど、自分が嫌だと思うことは、相手にもしないように心がけてください。

実際に会うことで気持ちが冷めてしまうのは、意外と珍しくありません。
そのため、気持ちが冷めてしまったと言っても、自分が悪いのだと責めないようにしましょう。

そして、気持ちが冷めているのであれば、自分のためにも相手のためにも思わせぶりな態度は取らないようにしてください。
しっかり、自分の気持ちを伝えないと相手は脈ありと勘違いしてしまうからです。
そのような状態は、自分のためにも相手のためにもならないので注意してください。

仮交際から真剣交際に発展したのにやがて破局してしまう原因は?

結婚相談所で出会った人と仮交際をして、真剣交際に発展したのに破局してしまう人もいます。
真剣交際に発展している場合、価値観などが異なるから、という理由で破局することはほとんどありません。
こちらでは、なぜ真剣交際に発展していながらも破局するのかを見ていきましょう。

真剣交際からの破局原因として、意外と多いのが隠し事です。

結婚直前になってから、多額の借金があることがわかったというケースもあります。
借金問題などは、自分から明るく言えることでもないので、どうしてもぎりぎりまで黙っている人が多いのです。
その結果、しっかりと説明する暇がないまま破局を迎えることになります。

言いづらいことは後回しにしたいという考えは分かりますが、後回しにしてもメリットはありません。
言いづらいことだからこそ、早めに言うという考えを持ちましょう。

早く言ったからと言って、問題が解決するわけではありませんが、少なくとも相手に対する誠意は認められるのではないでしょうか。
自分に対して隠しごとをしない人、という誠実な印象を受けることができます。

そして、もうひとつ破局の原因となるのが他の人を好きになったということです。

恋愛結婚の場合は、すべての人に当てはまるわけではありませんが、時間を重ねてお互いを知っていきます。

しかし、結婚相談所で出会った人とは交際から結婚までの期間が極端に短いのです。
そのため、恋愛結婚の場合は重ねてきた時間で他の人に心を動かされない部分があるのですが、結婚相談所で出会った人たちの場合は時間の重ね方が足りない人が多いのです。

もちろん、時間が短くてもしっかりとお互いの気持ちを重ね合う人の方が多いです。
ただ、その時間が短いために他の人に心を動かされてしまい、破局につながってしまいます。

気持ちの変化による破局を防ぐためには、なるべく早い段階で結婚まで進めた方がいいでしょう。
結婚までに時間をかけてしまうと、早く結婚したいという相手の気持ちが別の異性へと走らせる原因になることもあるからです。
ただ、こういった人の場合は不貞行為の恐れもあることを覚えておいてください。

真剣交際から破局した場合、精神的なストレスの方が強くなり、異性との交際を考えなくなる人もいます。
真剣に交際していたからこそ、次の相手への意欲を失ってしまうのでしょう。
そうならないためにも、破局原因となることはしっかり潰しておくようにしてください。

真剣交際だからと言って、破局しないのだと安心するのはやめましょう。

婚活で出会った相手と結婚に至った決め手は何?判断基準について

婚活中に出会った相手と、結婚を決めるまでのポイントはどんなものがあると思いますか。
これだけは譲れないというポイントが、いくつかあるはずです。
人によって判断基準は異なりますが、こちらでは一般的なポイントについて見ていきましょう。

多くの人の判断基準として、子供が期待できるか、年収や価値観などが挙げられます。

以前は不妊について女性側の問題として考えている人もいましたが、近年は男性が原因による不妊もあります。
そのため、成婚までにブライダルチェックを受けてお互いに子供が可能だという証を求める人もいるようです。
子供を求めている人にとって、もっとも重要な部分かもしれません。

他には、お互いの年収を判断基準にする人もいます。
年金問題などもあり、安定した老後を過ごすためにはお互いに相応の年収が必要です。
相手に専業主婦(主夫)を求める場合は、この限りではありませんが、近年は共働きが当たり前と考えられている節があるため、年収を異性判断の基準にする人は比較的多いと考えられます。

逆に出会った相手に主婦(主夫)を求める人もいます。
仕事は自分でするから、家のことをしっかり守って欲しいという考えの人もいるのです。
仕事をしたい人にとって、家のことを任されるのは苦痛でしかありません。
仕事をしたい人、専業主婦(主夫)としてやりたいこと、自分の望みがあるならばしっかり話し合っておきましょう。

他にも趣味に関して理解をしてくれる人が求められがちです。
自分の趣味が相手に理解されないと、結婚生活も苦しいものになってしまいます。
趣味を理解してもらいたい人ほど、同じ趣味を持つ人を探す傾向があるようです。

このように、結婚に至った決め手などは人によって大きく変わってきます。
明確な基準と言えるものがないので、自分がどんなポイントを重視するかを明確化しておきましょう。
成婚退会後に話せばいい、という考えを持っていると破局に繋がる可能性があるので気をつけてください。

結婚に至る決め手は、どれだけ結婚生活に満足できるか、というポイントに絞っている人が多いです。
年収、趣味、子供、どれもが結婚生活を豊かにしてくれるものだからです。

そのため、判断基準に悩んでいる人は、自分にとって譲れないポイントを出しておくようにしましょう。
特に、お金がかかる趣味などは相手からの反応を見ておかないと、後々のトラブルになりかねません。

判断基準は人に合わせるものではなく、自分の心のままに決めるようにしましょう。

真剣交際に発展後成婚退会するまでに相手と話し合うべきポイント

結婚相談所に登録して真剣交際に発展してから、成婚退会までに話し合うことがいくつかあります。
これらを怠ったまま成婚退会してしまうと、後に破局の原因になりかねないので気をつけましょう。
こちらでは、どのような話し合いをするべきなのかを見ていきましょう。

結婚相談所で良い関係を築くことで、成婚退会する人が多いです。
ただ、相手のことをしっかり見極めていなかったことが原因で、成婚退会後に破局する人もいます。
結婚は生活を共にすることであり、さまざまな価値観が同じかどうかを見極めないといけません。

その最もたる例がお金に関することです。
どれだけ素敵な人であっても、浪費癖があれば生活が苦しくなる可能性が高くなります。

他にも注意したいものとして挙げられているのが、借金や宗教関係と言われています。
多額な借金があるにもかかわらず、相手にその事実を隠している人もいます。

他にも、熱心に信仰している宗教があるならば、その影響も日常生活の中に出てくるでしょう。
デリケートな問題なので、しっかりと話し合うことが大切です。

稀なケースではありますが、成婚退会後に他の異性に心変わりをする人もいるようです。
結婚への準備をしている時に、浮気が発覚して破局したという人もいます。
結婚相談所で異性と出会う場合、恋愛結婚よりも短い期間で結婚までの道のりを辿ることになります。
そのため、途中で他の異性に心変わりをする人もゼロではないのです。

異性との距離を縮めている間に、不貞行為をしそうな人ではないかなどにも注目しましょう。

更に、マリッジブルーによる不安なども出てくる可能性があります。
マリッジブルーは女性ならではと思われがちですが、近年は男性がなることもあるのです。

結婚に関する不安などが関係に影響を与えないよう、しっかりと相手の不安なことを解消できるように話し合わないといけません。
マリッジブルーによる不安を抱えたまま結婚をしても、思い描いていた幸せな結婚にはならない可能性があります。

成婚退会後に破局した場合、成婚料などの返金はありません。
結婚相談所によっては20万円という高額になることもあるので、交際期間中に幸せな結婚生活のためにも、お互いに隠しごとなしで話し合ってください。

デリケートな問題など、聞きづらいこともあるでしょう。
しかし、聞きづらいことをそのままにするような関係であれば、幸せな結婚は難しいと考えてください。
相手が自分に対して、自分が相手に対してどれだけ隠しごとなしで話し合えるかがポイントとなっています。

成婚退会後に破局することってあるの?原因は何なのか解説します

成婚退会後に破局することはあるのでしょうか。

成婚が決まることで、幸せな結婚生活を夢見ている人は少なくありません。
ですが、破局するケースも少なくないと言われています。
こちらでは、成婚退会後の破局原因などについて見ていきましょう。

成婚が決まり、結婚相談所を退会した人の中で結婚まで行かなかったケースは意外と多いようです。
成婚退会がゴールではなく、そこが一番大切な時期と言っても過言ではありません。

破局の原因として、価値観の違い、金銭感覚の違い、相手の家族に認めてもらえないなどがあります。
他にも、相手に多額の借金があったため破局したという人もいます。

成婚退会後の破局と聞くと、特別なものに思われがちですが、一般的な婚約後に破局したというケースとまったく同じなのです。
恋愛をすることで婚約までいっても、価値観の違いなどで破局する人は少なくありません。

ただ、成婚退会後に破局するとさまざまなデメリットがあります。
もっとも大きなデメリットとして、成婚料が無駄になってしまうことです。

結婚相談所に登録して結婚が決まると、相談所に成婚料を支払わないといけません。
成婚料は相談所によって金額が変わってきますが、目安としては5万円から20万円となっています。
無駄にしてしまうには、とても少ない金額とは言えません。

破局したからと言って、成婚料が返金されるわけではありません。
そのため、破局しないためにも慎重に相手を見極めないといけないのです。

成婚退会後に破局しないためには、婚活中にどれだけ相手のことを知ろうと考えるかでしょう。
しっかりコミュニケーションを取ることで、相手のことを知ることができます。
婚活は結婚に至るまでがゴールではありません。
結婚後は新しいスタートとなるので、相手に隠しごとがないか、価値観の違いはないかなどは婚活中にしっかり見極めるようにしましょう。

金銭感覚を知るためには、一緒に買い物に行くことでお金の使い方を見ることができます。
お互いの働き方などの感覚を知っておくことも大事です。
秘密などについては、ストレートではなくさりげなく隠し事がないかを聞いてみるのもいいでしょう。

成婚退会後に破局すると、相談所によっては利用できないところもあるようです。
新しく婚活を始めるには、費用や気力も必要なので成婚後に破局しないようにしましょう。
破局しないためにも、自分が不安に思うことを解消しておくことが大切です。

結婚相談所で登録したら支払う成婚料は何故あるのか?必要性について

結婚相談所に登録すると、成婚料を必要とするところがあります。
成婚料はどのタイミングで発生するのか、金額はいくらなのか気になる人も多いでしょう。
今回は、なぜ成婚料が必要になるのかについて見ていきましょう。

結婚相談所は以前と比較すると、近年は気軽に登録している人も見受けられます。
さまざまな費用がかかるのは納得している人も多いと思われますが、成婚料についてはどうでしょうか。

成婚料は名前の通り、結婚が決まった時に相談所に支払う報酬のことです。
弁護士依頼などでも、成功報酬という支払い方を聞くことがありますが、基本的にはそれと同じです。
成婚料については、設定している結婚相談所、設定していない結婚相談所があります。

できれば支払う費用は少ない方がいいと考えるのは当然のことです。
しかし、なぜ成婚料が必要なのかを考えたことはありますか?

基本的に成婚料を設けている結婚相談所は、登録者の結婚が決まることで結婚相談所側にプラスが出ます。
そのため、スタッフなどから手厚いサポートを受けられるところが多いのです。
逆に、成婚料を必要としない相談所の場合はスタッフからのサポートがないというところも珍しくありません。

ただ、成婚料がないからサポートを受けられないところばかりでもないようです。
成婚料を必要としない代わりに入会金などが割高になっているケースもあります。

結婚相談所選びで悩んでいる場合は、成婚料があるかないかで決めるのもいいかもしれません。
先述したように、成婚料を必要とする相談所の場合は登録者に結婚が決まることでメリットが出てきます。
そのため、スタッフも一生懸命に、そして慎重にしてくれる可能性が高くなります。

異性と出会いたい、結婚のためにしっかりしてくれる相談所がいいという人は成婚料を必要とする相談所にしてみるのもいいのではないでしょうか。

ちなみに、成婚料の相場としては5万円から20万円と幅が広い傾向があります。
相談所によって異なるので、事前にしっかりどのくらいの費用が必要なのかを調べておきましょう。
もうひとつ覚えておきたいこととして、男女で成婚料の金額が変わってくる場合もあるようです。

成婚料に関しては、結婚相談所によって費用や条件が変わってくるところが多いです。
例えば、結婚が決まった時点で成婚料が発生するところもあれば、一定期間の交際で成婚料が発生するところもあるのです。

後悔しないためにも、事前リサーチは重要と言えます。

正しいお見合い時間は?お見合いが長引くのは気に入られている?

婚活サービスでお見合いをする場合、どれくらいの時間を想定しておくかも気になりますよね。
いざお見合いに臨んだ場合、予定以上に時間が長引くこともありますが、これって気に入られているといことなのでしょうか。
ここでは正しいお見合い時間について考えてみましょう。

結婚相談所を利用した婚活でお見合いをすることになると、あらかじめ時間も決めておく必要があります。
一般にお見合いは1時間程度にするのが無難とされています。
お互い初めて顔を合わすわけですから、長時間に及ぶと疲れてしまいます。

あくまでも顔合わせですから、お互い話したいことはたくさんあるでしょうけど、それはフィーリングが合って仮交際になった時に少しずつ話す機会を増やせばいいのです。
お見合いの席で自分のすべてをアピールすることなど、考えてはいけません。
お見合いをすることの最大の目的は、仮交際へ結びつけることなのです。

お見合いに臨むに当たっては、自分が相手に伝えたいことやアピールしたいことをあらかじめ手短にまとめて、短時間で話すように準備しておくべきです。
時間は必ずしもこだわる必要はなく、たとえ予定の1時間よりも早く終わってもかまいません。

内容の濃い会話をして、相手に好印象を与えることがお見合いでは最も重要です。
話の内容はもちろんですが、お見合いの席に着く仕草や表情、エスコートなど、さりげない態度にも気を配り好感を持ってもらうことが大切です。

お見合いすることにはなったけれども、いざ会ってみても何を話していいかわからずただ時間だけが過ぎていく、というのでは論外です。
1時間の予定がほとんど実りのない内容の話だけでほんの30分程度であっけなく終わってしまったのであれば、期待はできないでしょう。

かといってお見合いが長引いたら相手が気に入ってくれている、と思うのも間違いです。
ただだらだらと長話をして、相手も聞き疲れているのに終わりにしようとするきっかけもつかめないまま長時間になった、ということでは逆に嫌われるでしょう。

最低限相手に話したいことを伝え、自分も相手の話をしっかりと受け止めて、お互いもう少し話を聞きたい、というところで切り上げるのが成功するコツです。
もう一度会ってもっとお話ししたい、相手のことがもっと知りたいと思う気持ちを抱かせると、仮交際へとうまく発展するのです。

お見合いはお互いとても緊張するものですし、思うようにうまく話ができないかもしれません。
しかし失敗をおそれず自分のありのままを素直に見てもらうつもりで、肩の力を抜いてリラックスして臨みましょう。