婚活でのデートいつから相手とのスキンシップが許されるの?

婚活をする上で、相手とのスキンシップは何回目のデートから許されると思いますか。
今回は、何回目のデートからスキンシップが許されるのかについて見ていきましょう。

結論から言えば、何回目という概念はありません。
人によっては結婚するまでは嫌だという考えの人もいるからです。

ただ、ひとつだけ言えるのは早い段階でスキンシップをしようとする人は、あまり好まれない傾向にあります。
例えば1回目や2回目のデートで、異性に対してスキンシップをしようとすれば、そういう目的でマッチングアプリや結婚相談所に登録しているのだと思われてしまうからです。

誰だって、手が早い異性に対して良い印象は抱けません。
何回目からという概念はありませんが、早い段階でのスキンシップは避けるようにしましょう。

それでも、何回目からスキンシップを考えればいいのかと言えば、最低でも3回はデートをした後でしょう。

結婚をする上で、スキンシップの相性なども判断基準にする人がいます。
そういう場合は、しっかりと相手に伝えた方がいいかもしれません。
その場の勢いで流すようにスキンシップをしてしまうと、先述したように良い印象を持たれないからです。

ただ、手を繋ぐなどの場合は3回目くらいから考えてもいいでしょう。
間違っても、1回目で手を繋ごうなどとは考えないようにしてください。
婚活での初デートは相手を見極めるためのものが多いため、まだふれあうための心構えが出来ていない人が多いからです。

いくら、婚活上でのデートと言っても、相手のことを詳しく知らない状態で手を繋ぐなどはしたくないという人が多くいます。
できれば、手を繋ぐ時も相手に伝えることをおすすめします。
ふれあうことに関して相手の意見を求めることで、その人に対して誠実なイメージが持たれるからです。

強引にスキンシップをしてしまうと、自分を引っ張っていってくれる頼もしさはありますが、自分の意見を聞こうとしない横暴さも感じてしまうという人もいます。
自分の望みだけではなく、相手の考えも聞くようにしてください。

このように、スキンシップに関するデート回数の概念はありません。
そのため、何回目だったらいいんだろう、という悩みは無用です。

ただ、自分のことだけではなく相手のことも考えてスキンシップが取れるかどうかに注目してください。
結婚相手を見つけるためだからこそ、自分の主張だけではなく相手の意見も聞かないといけません。
長い人生を一緒に歩む人だということを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です