女性は婚活でどこまで積極的になれば良い?NG行動か見極めるコツ

「結婚したいけど焦っていると思われたくない。」
そんな風に考えている女性は多いでしょう。
今回は、どこまで婚活に積極的になって良いものなのか、婚活中の痛いNG行動と合わせてチェックしていきましょう。

まず婚活パーティーなどで男性と出会ったら、つい相手のルックスやスペックだけで判断してしまいがちです。

しかし相手との相性は見た目やその書類に書かれている年収や職業、学歴だけでは決して判断できません。
年収800万以上じゃないとダメとか、身長180センチ以下の人は無理といった理由で相手をバッサリ切るのは、運命の相手に出会えるチャンスを棒に振っているも同然です。

もちろんこんな人と結婚したいという理想は誰にでもありますが、まずは相手が好みのタイプで無くても、一度話してみようと思う積極性だけは忘れずに持っておきましょう。

他にも、結婚したい願望が前面に出ている言動にも要注意です。
結婚したら専業主婦になりたいとか、子供は3人欲しいと言った理想論を相手に押し付けるのはNGなので気をつけましょう。

相手に結婚を連想させつつも、決して貪欲な態度を出さないようにするコツは、家庭的な面と適度に自立した女性であることをアピールすることです。

昔からよく言われていることですが、男性は女性に安らぎや穏やかさを求める人がとても多いです。
結婚相手には一緒に暮らしていて落ち着ける相手を無意識に選んでしまう傾向があるので、王道では料理上手アピールが簡単ですが、ブランド志向では無くプチプラ好きなどといった庶民派アピールも有効です。

また専業主婦希望でも、早い段階でそれを言ってしまうと、相手は依存されてしまうのではないかと一歩引いて考えてしまいます。
結婚後のライフスタイルに対する希望はある程度心に止めておいて、今の自分は仕事や趣味もちゃんと充実していることを伝えましょう。

婚活中は、高いプライドは捨てて柔軟に相手を受け入れる姿勢が大切です。
また、あまりにも謙遜したり、卑屈になりすぎていても魅力が半減してしまいますので、適度に自信を持ちつつもあまり素の自分を出しすぎないようにすることがポイントです。

婚活中はできるだけ沢山の人と出会って、その中から条件の良い人と付き合いたいと考える人は多いでしょう。
しかし、婚活の場でも結婚!結婚!といった態度は相手が引いてしまうかもしれないので、出会いを広げる一つの場と考えて余裕のある女を演じましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です