初お見合い後に仮交際に進むか迷う時の判断基準や返事の決め方

お見合いから真剣交際へと進む一歩手前に、仮交際というのがあります。
仮交際ではお見合い後に連絡先を交換して、デートや食事などの約束を交わし再び会うことができます。
お見合い後に仮交際へ進むかどうか判断に迷った時は、どのように対応すべきかをまとめてみました。

まず、仮交際は真剣交際とは違い、相手を一人に絞るというルールはないそうです。
ですから、他に気になる相手がいるからといって仮交際を即座に断る必要はありません。
この期間中であれば、複数の異性と連絡を取り合ったり、会っていてもルール違反にはならないとのことです。

お見合い初日はお互い緊張していて普段の様子が伝わりにくいので、少しでも気になったら仮交際へと進んでみましょう。
2回目はお互い多少リラックスして会うことができますし、相手の新たな一面を知るチャンスでもあります。

とはいえ実際は、お見合い時に相手に対してドキドキ感を感じられなかったり、良い人だけど特別惹かれないといった印象だった場合は判断に悩みます。
あまり相手に期待させたくないとか、無駄な時間を過ごしたくないと考える人もいるでしょう。

しかし、仮交際はそのモヤモヤを解決する機会でもあります。
もう一度会ってみてから判断しても遅くはないので、相手との距離を縮める気持ちで前向きに進んでみましょう。

仮交際へ進むか迷ったときは、相手のプロフィールに書かれている条件や人柄、一緒にいて楽しい相手かどうかなどあらゆる判断基準があります。

悩んだ時は、相手の良いところを紙に書き出してみると気持ちを整理することができるのでおすすめです。
その際は、なるべく相手の悪い点には着目せずに、好印象だったところを思い出しましょう。

また、相手に対してトキめいたかとか、ドキドキしたかといった判断基準は一旦置いておき、楽しい時間を過ごせたかどうかで判断してみてください。
いくつかリストに書き出せたら、少なくともあなたにとっては悪い相手ではないということなので、仮交際へと進んで良いと思います。

誰だって、運命の相手に巡り会いたいと思う気持ちは婚活中も変わりません。
そんな一目惚れできるような相手にお見合いで出会えればもちろん幸運ですが、婚活中は1回の出会いがとても大切です。

二目惚れという言葉もあるくらいで、次に会った時は全然違う印象に変わっているかもしれないので、少しでも気になった相手とは是非次に進んでチャンスを増やして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です