婚活の同時並行は何人までがおすすめ?上手く並行させる裏技

婚活の際、何人まで同時並行するのがおすすめだと思いますか。
今回は、同時並行のやり取りのコツや何人までがおすすめなのかを見ていきましょう。

理想だけを言えば、ひとりひとりと真剣に向き合うことが一番です。
ただ、婚活は時間との勝負と言われている部分もあるので、無駄な時間を省くために複数人との同時並行でやり取りをするのが一般的と言われています。
ただ、複数の人とやり取りするということは、それだけ自分にかかる負担も大きくなっていくのです。

それだけではなく、複数とやり取りしていることを相手に知られないようにしないといけません。
なぜなら、誰だって自分以外とやり取りをしていると聞かされて良い気分になる人はいないからです。

基本的に何人までということはありませんが、無理のない範囲で言えば3人が限界ではないでしょうか。
メールや電話などのやり取りもあるため、それ以上の人数だと人を間違えてしまう可能性が出てきます。

Aさんとやり取りをしていたのに、Bさんと間違ってしまうと、先述したように不快な気持ちになります。
相手が自分以外ともやり取りしていることが分かってしまうと気分は良くないはずです。

複数とのやり取りは一般的でありながらも、隠れて行うことが要求されるので気をつけましょう。

上手く複数とのやり取りを平行させる裏技として、時間を分けることがおすすめです。
仕事などを理由にして、Aさんの場合は夕方までのやり取り、Bさんの場合は夜のみという分け方です。
時間を分けることによって、今誰とやり取りをしているのかを明確にすることができます。

ただ、相手にも都合があるので必ずしも理想通りに行くとは思わないようにしましょう。

時間で分けるのが難しいなら、曜日で分けるのもおすすめです。
曜日分けすることで、時間を気にせずにやり取りをすることもできます。
おすすめしている裏技はこのふたつですが、自分のやりやすいやり方で行っても構いません。

注意したいのは、複数の人と真剣交際にならないことです。
複数の人とやり取りをすることで、その人を見極めた後は、ひとりに絞るようにしましょう。
いつまでも複数とのやり取りを続けていると、相手にバレる可能性が高まります。
すると、結婚後もそういう人になりそう、と思われてしまいます。

複数とのやり取りは、あくまでも結婚相手を見極めるものとして行ってください。

複数とやり取りするコツは、同じ時間帯などに被らないことでしょう。
上手く同時並行のやり取りを活用して、運命の人を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です