婚活で知り合って交際からプロポーズで成婚に至るまでの道のり

婚活で理想の異性と知り合ってお付き合いが始まり、そしてプロポーズして成婚に至る、これは婚活に参加する人すべての願いです。
せっかくいい人と出会ったのであれば、なんとかうまく交際を重ねて結婚につなげたいですよね。
そのためにはどのような道のりをたどるべきか、紹介します。

お見合いをしてまたこの人と会いたい、もう少しお話してみたいと思ったら、「仮交際」を申し込むことができます。
仮交際の期間は通常3カ月程度とされていて、この間互いに連絡先の交換をして自由に好きな時好きな場所で会うことができますが、親密な交際は禁止されています。

また仮交際は複数の異性と同時に行うことができるのも特徴です。
浅く広くいろいろな人と接して、相手のことをよく理解できることを目的としています。

通常の男女交際では同時に複数の異性とお付き合いするのはタブー視されるものですが、ここではあくまでも親密交際まではしないことを前提に可能とされています。
結婚相談所ならではのとても魅力的な制度ですから、ぜひとも積極的に利用したいものです。

仮交際を経てもう少し深くお付き合いをしてみたい、という人が見つかったら、「本交際」へと進みます。
本交際となると、他の仮交際をしている会員がいる場合はその人への連絡は禁止され、本交際する特定の相手だけとの真剣なお付き合いが始まります。

この段階では、例えば2人きりで旅行をしたり両家のご両親を訪ねて挨拶をしたりといった、結婚を意識した交際になります。
本交際の期間も結婚相談所によってことなりますが、おおむね3カ月間とされているようです。

本交際を続けて結婚を前提としてお付き合いしようということになれば、成婚ということになり、結婚相談所からは2人そろって退会する形になります。
3カ月経過して連絡がない場合にはカウンセラーから問い合わせを行い、成婚するか、本交際を打ち切ってあらためてお見合いからに戻るかの選択をすることになります。

仮交際の期間中は複数の異性と接することができるわけですから、多少理想とはちがうとおもうような相手であっても、積極的に会ってみることが大切です。
お見合いの第一印象だけで決めてしまうのも考え物です。
話をする機会が増えることによって、プロフィールでは見えなかったいい面が見えてくることもあります。

逆に思っていたよりも違っていた、この人とは交際を打ち切りたいという場合には、トラブルを避けるためにも直接相手に伝えるのではなくカウンセラーに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です